Friday, July 20, 2012

ヨギ様のねこだすけ

こんにちは。ヨギ様このごろツイッターで日本のお友達が急増で毎日楽しいんですけど
(みなさんいつもありがとう。)そのおかげで日本の猫事情を知る機会も増えてきました。たまに里親募集のツイートも目にします。里親や飼い主募集の情報を見たら拡散のお手伝いをしています。
ヨギ様がホームレスだった頃~想像コラージュ写真(えさ独り占め)巨大。
ヨギ様自身も一度はホームレスの体験をした身の上なのでほっておけなくておせっかいしたいようです。


そして先週はアメリカに住んでいるヨギ様が日本の子猫ちゃんの里親探しをなんと1日で解決してしまいました。たまたま見つけた沖縄の人からの子猫の里親募集のツイート。
フェイスブックで友達の沖縄に駐留している米軍の人に里親できないかと訊いてみたところ即、「いいわよ」って。半日もたたないうちにもう子猫ちゃんその米軍の友達の家に来たそうなんですよ。(今その人から「子猫用のミルクたくさん買って来たよ」って書き込みがありました。)
ありがたいですね、それにヨギ様もお手伝いできてとても喜んでいます。
いつもこんな調子ですぐに何か実行できるわけではないですが今回はこんな風にお役に立ててよかった。

この子猫ちゃんです。ヨギ様の友達の里親になってくださった方もお世話楽しんでるそうです。

それと先月のいい話。これもツイッターで見た子猫ちゃんの話なんですけど
「会社の敷地内で見つけた子猫2匹、どうしていいかわからずとりあえず立川警察署に届けました」って人からのツイート。引き取れる人がいたら警察へ行ってもらって欲しいってことだったんですよ、で、まず拡散のお手伝い。心配だったのはその人が「早く行かないと保健所にまわされてそこで殺処分になってしまうかも」って言っていたこととその子猫ちゃんたち希望者(早いもの順で)誰にでも引き取られてしまうかもってこと。無責任な人(すぐあきる、世話しなくなる、外に出しっぱなしとかする)や、最悪の場合猫虐待したい目的で欲しいと思ってる人などがそれ見て引き取りに行ったら困るでしょ、だから情報拡散するだけでなくて知りあいの東京・近郊の人たちに「あなたかあなたの回りで引き取れる人いないかなあ?」って聞いて回りました(フェイスブックとかで)。
残念ながらヨギ様経由で引き取れるっていう人は見つからなかったんですけど情報拡散の数時間後に「引き取りに行ってくれた人がいたよ」、っていうツイートが流れました。「よかったね~」って一緒に心配していたほかの人たちと喜びました。


 ところがうれしいニュースはそこで終わりじゃなかったんです。次の日の朝、親切な人からのメッセージで子猫ちゃんたちに関する追加情報。なんと!子猫ちゃんたちを引き取りに行った方は
歌手のしょこたんのお母様!!だったそうでしかも2匹のうちの1匹はしょこたんちの子としてその日のうちに彼女のブログでも紹介されていたんです!(もう1匹はどうしたのか聞いてませんが多分しょこたんのお母様の知り合いの方に引き取られたのではないでしょうか、つらい目にあっているということはないはずです。)
この子たちです。しょこたんママ万歳!

 
左のはちわれの子がしょこたんちの子になったんだそうです。
しょこたんブログ 
すごいラッキーな猫ちゃんですよね、おうちがなくて外うろうろしていて保健所行きか殺処分かと心配されていたのに2日後にはスターのおうちのペットになったんですから。
しょこたんもとてもかわいがっていてブログでもしょっちゅうこの子のこと書いたり写真アップしてる。しょこたんが有名でお金持ちだからってことだけでなくって本当にかわいがってもらっているからとてもラッキー。

しょこたんのお母様がえらいですよね~。普段からねこだすけに関わっている方だというようなことを聞きました。普通、家族に人気の芸能人がいたら贅沢やわがままし放題させてもらえるんじゃないですか?そういうご身分(多分)なのにおうちのない猫ちゃんたちのお手伝いをなさっている。とてもえらいです。なかなかできないことだと思います。


 そして実はヨギ様のお母様もえらいんです。先月山火事があって
(アメリカ、コロラド州)
ヨギ様の住む地域もすごかったらしいんです。(私は同じ州ですがうちは都会だしなにしろテレビ全然見ないので火事のことは知らなかった)、ま、 それでもヨギ様の家は無事だったそうですが近所の人や同じ地域に住む知り合いの方などが被害にあわれたそうでなんとヨギ様の家は避難所としてお家がなくなってしまった人たちやペットたち(馬も含む)を泊めてあげているのだそうです。
普段もヨギ様のお母様は盲目の猫さんや虐待されて人間不信みたいになってしまった猫さんを引き取ったりしているんです。
しょこたんのお母様とヨギ様のお母様のえらいところは「行動している」ということ。お金持ちで
(芸能人などで)動物関連の運動してる人はたくさんいるけどほとんどは募金や宣伝に協力するっていうぐらいだと思うんです。実際に芸能人が里親してあげてるとかそういう話はほとんど聞いたことがないですから。ま、忙しいってのもあるだろうけど「行動する」っていうのはできない人が多いと思うんです。アメリカ各地の保護施設や保健所からの里親や飼い主募集の猫さんたちの情報を毎日のようにフェイスブックで目にしますが(できるだけ何かしますよ、「ヨギ様ファンド」から少しですが手術が必要な猫さんなどにお金をあげることがあります。)
お金以上に「実際に行動してくれる人たち」が必要なんだって感じます。
お金で「居場所」や「一生面倒見てくれる人」は即買えないんですから。

おわり。








No comments:

Post a Comment